AURORAで働く
社員の声
イ・イ・モー・テッ
EI EI MOE HTET
2017年入社 海外事業部
アウローラに入る前と、入ったあとのギャップについて
ミャンマーの大学に通学していた時に、1年間日本に留学することができました。その時に、日本は発展している国なのでいろいろなチャンスがあると感じ、いつか日本に行って日本とミャンマー両方に関わる仕事に就きたいと思いました。ミャンマーに帰国後、本格的に日本の就職を考えた際に、女性のチャンスを広げる仕事をしたいという思いがあったので、女性向けサービスを展開するアウローラに就職を決めました。
ただ、日本の企業は、ミャンマーよりも時間の管理などがしっかりしている印象で硬いイメージがあり、不安もありました。しかし実際にアウローラに入社してみると、同年代も多く、周りの人たちがフレンドリーに接してくれる環境だったので 思ったよりも緊張しないで、仕事をスタートすることができました。
現在までのキャリアフローについて
アウローラに入社後、マーケティングを担当する部署に配属されました。サイトのデータ分析を行うことが主な業務で、上司や先輩に教わりながらWEBマーケティングの基礎を学ぶことができました。また、日本で働いている経験を世界に発信したいと、プライベートではじめたSNSが思った以上に反響がありました。そこで、会社に公式にできないかと提案し、サイトの企画もスタートしました。
その後、自社媒体である女性の転職・求人サイト「RUN-WAY」サービスを担当する部署へ異動となり、実際の求人事業の現場での仕事の進め方を学ぶことができました。その経験をもとに、2017年に、日本企業で働きたいミャンマー人向けに就職情報を発信するSNSサイト「Working Friends」をオープンしました。
現在は海外事業部で、「Working Friends」の事業化を検討しています。
現在チャレンジしていることについて
「Working Friends」の事業化に向けて、事業計画書の作成に挑戦しています。 実施に予算や収益を検討していくと、今まで見えなかった課題にぶつかることも多いですが、書籍での勉強や先輩方のアドバイスをいただきながら、一つずつ乗り越えていこうと思っています。
同時に、さらにサイトを魅力的なものにするために、新しいコンテンツの追加を検討しています。従来のテキストベースの情報だけでなく、画像や動画を使って情報を発信できるように工夫していくつもりです。
直近の課題としては、いかにこのサイトの認知度を広げるかということ。今までの業務で培ったマーケティングや現場の知見を活かして、様々な方向性から認知度向上にチャレンジ中です。
未来の仲間へのメッセージ
「Working Friends」は、日本での就職についてネットで情報を探した時に、企業の情報や仕事の情報はあっても、実際に働いている人たちの生の声が見つからない、ということがきっかけでした。自分が今まで何に苦労してきたかを考えると、自ずと解決したい課題が見つかると思います。ゼロから新しいことをスタートさせると様々な課題にぶつかると思います。最初から完璧な物はできないですが、恐れずに解決策を考えながら進んでいくことで、サービスの向上とともに、自分の未来も形作られていくと思います。
特にアウローラは、社員の皆さんがフレンドリーで様々なアドバイスをいただける環境です。入社して半年の社員の企画を後押ししてくれる会社は、なかなかないと思います。ぜひ皆さんも一緒に女の子の世界を変えていきましょう。
志間 絢
Shima Aya
2015年入社 求人事業部
尾中 美里
Onaka Misato
2017年入社 アカデミー部
他のコンテンツを見る
働く環境
入社後について
築けるキャリア
社員の一日
エントリー
アウローラでは、様々な職種の社員が、魅力的な女性向けサービスを生み出し続けています。
アウローラのミッション「女の子の世界を変える」に心から共感し、自らの手で未来を作り出す仲間を募集しています。
ページトップ